トピック

トピック

本研究科大学院生が第46回セントラル硝子国際建築設計競技において受賞

平成23年度に開催された「第46回セントラル硝子国際建築設計競技」において、本研究科建築学専攻前期課程2年の野見山周作君が「佳作」を受賞しました。

第46回セントラル硝子国際建築設計競技は「2050年のガラスの建築 Glass Architecture in 2050」をテーマに行われた国際設計競技であり、応募総数は384作品、そのうち国内は195作品、国外は189作品と、内容としても国際的に開かれた設計競技であります。その中で、国内外からの応募作品によって、入選作7点(イギリス、オランダ、日本からの応募作品)、佳作10点(アメリカ、イギリス、韓国、日本からの応募作品)が選出されました。

第46回セントラル硝子国際建築設計競技HP