トピック

トピック

本研究科大学院生が構造形態の解析と創生2012において「優秀講演賞」等を受賞

 平成24年11月3日に奈良女子大学(奈良市)で開催された日本建築学会主催「構造形態の解析と創生2012」において

本研究科前期課程建築学専攻2年沖田裕介さんが「優秀講演賞」を受賞しました。

 また、構造形態の解析と創生2012の「歴史ある地域の固有性に学び『再生する』形を創生する」を課題とする形態創生

コンテストにおいて、本研究科前期課程建築学専攻2年永田洸大さん、佐々木亜衣さん、沖田裕介さん、土持挙さんの

作品が入賞しました。

研究題目・作品名は以下のとおりです

  • 研究題目:「優良解探索GAによるNURBSを用いた自由曲面グリッドシェル構造の解形態

  •         -階数設定値と優良解形状の関係-」

    受賞学生:沖田裕介

    所属:大学院理工学研究科 建築学専攻

    学年:博士前期課程 2年

  • 作品名:「Jenga Automaton」

  • 受賞学生:永田洸大、佐々木亜衣、沖田裕介、土持挙

    所属:大学院理工学研究科 建築学専攻

    学年:博士前期課程 2年

    コロキウム構造形態の解析と創生2012

    授与式の様子